2009年03月15日

京都2日目は観光 ♪


京都2日目は雨・・・前日の夜空にはケムトレイルが京都上空を横切っていたため、天候が変わることは何とも思っていませんでしたが、予測通りとは悲しきかなw


気を取り直して京都観光へ^^


今回はタクシーチャーターで色々連れて行っていただきました~。



まずは陶芸家の“河井寛次郎記念館”へ。立派な登り窯と、作品、そして彼が残したメッセージが印象的でした。



『何もない 見ればある すべてのものは 自分の表現』 


『暮らしが仕事 仕事が暮らし 何もかも 是一つにかける生き甲斐』


このメッセージを受け取りに御屋敷へ伺ったのだなぁと実感しました^^


次は国宝 蓮華王院 三十三間堂へ。高さ16m、奥行き22m、長さ120mもあるお堂は半端なく大きい…



中に入ると千体の千手観音が綺麗にしており、その前には風神・雷神をはじめ色んな神様が後ろに立つ千手観音を守っていました。


各神様の目は水晶でできており、リアルな眼力が今もなお効いていました!ドキッとするね^^


約800年前に建てられた建物は耐震構造になっており、考え方も建て方も、現代人には足りない叡智を見せつけられました。


国宝 千手観音坐像はお堂の中央に安置されていて、その姿は何とも言えないオーラを放っておられましたキラキラ


ここにおられる多くの神様のルーツは、インドの神様の化身。


そして次は少し離れて大原三千院へ。



建物や仏像には風情があるのだが、お土産屋やお勤めのお坊さん達にはウンザリしたなぁ・・・


お土産屋さんはともかく、お坊さん達には御仏を敬う姿勢がまったく足りないように見えた。


何なんだろう、あの堕落した姿は・・・受け付けは肩肘をつき、偉そうな態度で観光者を受け入れる。


あれじゃあ、ありがたい気分で中に入れないね!中に入るとまた中に居るお坊さん達の下品な事w


素晴らしい往生極楽院の中で説法している坊主なんて最悪でしたねw


欲丸出しな言葉で嫌な気分にさせられましたがな・・・清々しい気分になりに行ってんのに。。


往生際が悪いね!あれでは成仏できないでしょう。


しかし中庭、建物、仏像は坊主とは打って変わってとても素晴らしいものでした^^


三千院のすぐ横には宝泉院があり、樹齢700年の五葉松が立派な姿で出迎えてくれます ♪



静寂な時。綺麗な庭園を眺めながらお茶をいただく。風流ですなぁ~^^



とても贅沢なひと時を味わってきました ♪


見上げれば血天井。歴史の一コマに自分も刻まれていると考えたら・・・


思考は何処かへ飛んでいってましたw 感じるだけで良かったです^^


古都京都、凄い所ですね~!ゆっくりするには時間が足りません。


また時間を作って色々見てみたいです ♪


ありがとう京都、良い体験をさせていただきました (‐人‐)











              なにものにもとらわれず素直に・・・


               All Is One One Is All


      ハンモックHEMPサンキャッチャークリスタルナチュラル雑貨 


                *** 浮  遊 ***






fuyuu_info at 16:19│Comments(0)TrackBack(0)お出掛け 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字