2009年03月

2009年03月27日

ホゲナカルでの体験…



南インド、タミルナドゥとカルナタカの境界線にある村ホゲナカル。


チェンナイでバスに乗ってる時見かけた看板“ホゲナカルの滝”が印象的で、是非見てみたくなり村に向かったバスダッシュ



ホゲナカルは辺鄙な所で、チェンナイからバスで約6時間くらいの所にある。バンガロールからもアクセスできる。


ホゲナカルにはツーリストがまったくいなくて、住民の視線は我々へ。かなり浮いているご様子・・・


物売りや店の客引き、観光ボートへの勧誘がやまない。



村は小さくて宿も3、4件位しかなかった。しかもホゲナカルに行った時はハッピーポンガルといって収穫祭の時で、インド人の旅行者が多く、宿は満員で、泊まる所を確保できなくなるところだった。


看板で見た滝は村のすぐ近くにあり、村の中心部から歩いて10分位の所にある。



そこは、大地が裂けて大きな川が真っ二つに分かれていた!


乾季に行ったので水が少なかったのだけど、凄い迫力だった(雨季は近づけない)


色んな所が川で、色んな所が滝つぼになっている。轟音と震動が凄い!


水しぶきが舞い上がり、滝つぼ付近ではそこらじゅうに虹が見える^^


川では竹を割いて作った円形のボートでリバーカヤックを楽しめる。


水面から見る滝は凄い迫力!!水しぶきが舞っていて気持ちが良い^^


マイナスイオン全開~♪



水先案内人はサービス満点で、滝つぼ近辺で水浴びさせてくれる。が、デジカメが濡れる~・・・


丸いボートは右側で漕げば左に回り、左で漕げば右に回る。


常にクルクルと半転しながら前に進む。これがまた器用に漕ぐんですよね~^^


うちらは3人で乗ってたのだが、インド人の家族連れなんかは10人位乗っているボートも。。


淵が水面ギリギリで、ちょっと傾くと水が入り転覆しそうw 見てるこっちがドキドキした^^


滝の全貌を見たくて近くの山に登ってみた。



どこまでも続く山と川が大きさを感じさせてくれる。気持ちも大きくなれる瞬間。


しかし、この後トラブルが連続で起こる・・・ ちょっとした修羅場。。 すべては修行。


インドの辺鄙な小さな村では英語も通じないので、話も進まない。


村人たちが集まりだしいつしか周りは人だかり。



警察が通りかかり何とか収拾ついたのだが、その夜にまた思いがけない出来事が…


恐怖に怯え眠れない夜を過ごしたのを思い出すなぁ~^^


次の日の朝、その問題も解決したのだが、なんとも落ちつかないので次の目的地へ向かうのであった。


つづく。








              なにものにもとらわれず素直に・・・


               All Is One One Is All


      ハンモックHEMPサンキャッチャークリスタルナチュラル雑貨 


                *** 浮  遊 ***






fuyuu_info at 15:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記 

2009年03月26日

ポンディシェリの朝



インド南部にある都市チェンナイから南に約150kmに位置するポンディシェリ


フランスの文化や教育が普及し、インド国内でも識字率が高く、人も町の雰囲気も穏やかだ。


海沿いの街の景観は洋風なものが多く、西洋人も沢山住んでいる。



近くにはAUROVILLE(オーロヴィル)という経済的、文化的、環境的に自立した持続可能な自然循環型社会を目指すコミュニティ(エコヴィレッジ)があり、AUROVILLEへの玄関口にもなっている。


ポンディシェリの街の中には、オーロヴィルに関係するアシュラムがあり、そこで宿泊したりもできる。


私達がお世話になっていた所は1泊50rsだから、日本円で約100円。アシュラムの中はとても清潔で、沢山の緑に囲まれていて気持ち良く住まわせていただいた♪



ポンディシェリの朝は色んな所で砂曼荼羅のようなお絵かきをしている。


家の前に顔料粉を使って飾りつけます。


完成しても数分後には自転車や馬車、自動車が通るため、綺麗な絵も崩れていってしまいます。



なんと儚いのでしょうか・・・ 毎朝、無常観で楽しませていただきました。


美しい姿勢が今でも心に焼きついています。



ポンディシェリの街は楕円形になっていて、海側半分が洋風で半分はローカルな感じというのが特徴的。


洋風な街はとても綺麗な感じなのだが一方では、インド人の貧しい労働者が町の周辺にスラムを形成しており、これの解決が大きな課題となっているみたいだ。


大きなうねりの歴史の大舞台となるインド。言葉では表せないのが本音。全てが凄すぎる!


海から昇る朝日が綺麗だったな~晴れ



インドの旅日記は徐々に北上中。つづく。











              なにものにもとらわれず素直に・・・


               All Is One One Is All


      ハンモックHEMPサンキャッチャークリスタルナチュラル雑貨 


                *** 浮  遊 ***






fuyuu_info at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記 

2009年03月23日

インド旅行アルバム


インドってとても広いんです。広大な土地はもちろんのこと、人の心も。


日本とは全く違う生活習慣。すべての国がそうだけども、けっこうぶっ飛んでるよね~


そして景色!不思議な世界が目に飛び込んでくる。



東西南北に広がる国土は、温度差が50℃以上もあったりする。


熱帯地方や砂漠とヒマラヤの山岳地帯では大きな気温の差がある。


10月~3月位までは快適に暮らせる南インド ♪ 果物は美味しいし、食事も最高^^


しかし、所により変わるインド事情。


優しい顔で近づいてくる危険な罠も盛り沢山。


のんびりしながらも刺激的な毎日。


色んな出来事が起こる。


一つ一つの行動が楽しくてしょうがない^^


常に初体験キラキラ



見るのも、聞くのも、話すのも、食べるのも、すべてが初体験。


人生は初体験の連続


今という時間を連続で生きている。


つまり自分は初体験を続けているのだから、“何も知らない”という事に気づく。


世界中で当たり前の顔をして何でも進めているが、実は“誰も何も知らない”んですよね~^^


無知を知れば真の認識に至れる


何も知らない、だから何でも知れる。


知らないから教えてほしい。


素直な気持ちが必要ですね~^^


知ったかぶりしてても大変なだけだし、人生では損な感じ。ってなことを感じたな~^^


インド、そして人生、深いです。



つづく。








              なにものにもとらわれず素直に・・・


               All Is One One Is All


      ハンモックHEMPサンキャッチャークリスタルナチュラル雑貨 


                *** 浮  遊 ***






fuyuu_info at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅日記 

2009年03月19日

ここ、しっとっけ?



今月12日にOPENしたばかりのお店 “ATTENTION


ヨーロピアンコンパクトカーを中心に、国産・外車の新車・中古車を販売するお店 RV車


もちろん整備も万全 音符


北陸発のアフター保証エクステンデッド・ギャランティ・サービス”を導入し、中古輸入車を購入の際の心配を解決


ピットには診断コンピューターもあるので、ちょっとしたトラブルの原因はすぐにわかっちゃう ♪


整備も明朗で良い感じですー^^


そして、日本中のカーネットーワークの中から、お客さんのリクエストを厳選


地方では、家の次に長いお付き合いとなる自動車。生活に大事なものだからこそ信頼できる人 (お店) から購入したいですね^^


落着きのある、センスの良い、良質で安心、どんなリクエストでもOK!





ATTENTION” に行けば、必ずお気に召すような何かが見つかるはずキラキラ





美味しいコーヒーのおもてなしや、素敵な納車祝いもありますよ~^^


場所は立山通りで、雑貨アールグレイさん向かいにあります。


カッコいいユーロカーがズラッと並んでま~す 車キラキラ


I recommend here.


?ATTENTION


〒939-8086


富山市東中野町3-9-20


Tel:076-413-2708


Web:www.attention-cars.com











              なにものにもとらわれず素直に・・・


               All Is One One Is All


      ハンモックHEMPサンキャッチャークリスタルナチュラル雑貨 


                *** 浮  遊 ***






fuyuu_info at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オススメSHOP 

2009年03月15日

京都2日目は観光 ♪


京都2日目は雨・・・前日の夜空にはケムトレイルが京都上空を横切っていたため、天候が変わることは何とも思っていませんでしたが、予測通りとは悲しきかなw


気を取り直して京都観光へ^^


今回はタクシーチャーターで色々連れて行っていただきました~。



まずは陶芸家の“河井寛次郎記念館”へ。立派な登り窯と、作品、そして彼が残したメッセージが印象的でした。



『何もない 見ればある すべてのものは 自分の表現』 


『暮らしが仕事 仕事が暮らし 何もかも 是一つにかける生き甲斐』


このメッセージを受け取りに御屋敷へ伺ったのだなぁと実感しました^^


次は国宝 蓮華王院 三十三間堂へ。高さ16m、奥行き22m、長さ120mもあるお堂は半端なく大きい…



中に入ると千体の千手観音が綺麗にしており、その前には風神・雷神をはじめ色んな神様が後ろに立つ千手観音を守っていました。


各神様の目は水晶でできており、リアルな眼力が今もなお効いていました!ドキッとするね^^


約800年前に建てられた建物は耐震構造になっており、考え方も建て方も、現代人には足りない叡智を見せつけられました。


国宝 千手観音坐像はお堂の中央に安置されていて、その姿は何とも言えないオーラを放っておられましたキラキラ


ここにおられる多くの神様のルーツは、インドの神様の化身。


そして次は少し離れて大原三千院へ。



建物や仏像には風情があるのだが、お土産屋やお勤めのお坊さん達にはウンザリしたなぁ・・・


お土産屋さんはともかく、お坊さん達には御仏を敬う姿勢がまったく足りないように見えた。


何なんだろう、あの堕落した姿は・・・受け付けは肩肘をつき、偉そうな態度で観光者を受け入れる。


あれじゃあ、ありがたい気分で中に入れないね!中に入るとまた中に居るお坊さん達の下品な事w


素晴らしい往生極楽院の中で説法している坊主なんて最悪でしたねw


欲丸出しな言葉で嫌な気分にさせられましたがな・・・清々しい気分になりに行ってんのに。。


往生際が悪いね!あれでは成仏できないでしょう。


しかし中庭、建物、仏像は坊主とは打って変わってとても素晴らしいものでした^^


三千院のすぐ横には宝泉院があり、樹齢700年の五葉松が立派な姿で出迎えてくれます ♪



静寂な時。綺麗な庭園を眺めながらお茶をいただく。風流ですなぁ~^^



とても贅沢なひと時を味わってきました ♪


見上げれば血天井。歴史の一コマに自分も刻まれていると考えたら・・・


思考は何処かへ飛んでいってましたw 感じるだけで良かったです^^


古都京都、凄い所ですね~!ゆっくりするには時間が足りません。


また時間を作って色々見てみたいです ♪


ありがとう京都、良い体験をさせていただきました (‐人‐)











              なにものにもとらわれず素直に・・・


               All Is One One Is All


      ハンモックHEMPサンキャッチャークリスタルナチュラル雑貨 


                *** 浮  遊 ***






fuyuu_info at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お出掛け